So-net無料ブログ作成
検索選択

ありえない話 [2012年11月の色々]

20121112akizora.jpg




また昔話です。
今回は虫なので閲覧注意。アリの話です。

昔2階建ての軽量鉄骨のコーポに住んでいました。
虫害はそこそこありましたが2階なのでアリはないだろうと思っていました。

しかし、ある猛暑の夏に部屋にアリが…。

たまたま入り込んだのだろうかと思いつつ紙に乗せて外に出しました。
虫と言えど無駄な殺生はしたくありません。
そしてまたしばらくするとアリがいます。
これはどこかから来ていると調べると外壁の穴からアリが出て来ていました。

うわー、建物の内壁を通って2階まで来たんだとぞっとしました。
すぐに壁の穴から殺虫剤を注入しふさぎました。

そしてその翌年ぐらいから毎年アリが出てくるようになってしまいました。
アリは退治は出来ますがやっぱり気持は良くありません。
ありの巣コロリのような物も試しましたが全然ダメです。

でも秋になると消えるので仕方ないかなと思っていたある夏に
どうやってもアリが湧くのです。
おかしいとたどってみるとあまり触らないカバーをかけたティッシュ箱の下からアリが出て来ました。
それは壁際に置いてありあまり動かしません。
その奥に穴があるのかと動かすと何も怪しいものはありません。

と言っているそばから箱の下からアリが出て来ました。
おい、ちょっと待て、これは箱の中から出てきたのか?
おい、おいおいおいおい…。

結論から書けばアリは箱の中に巣を作っていました。
中を見るとティッシュが所々劣化してぱらぱらになっていて
小規模な巣があったようで卵もありました。
なんてこったい。

あまり触らないティッシュと言っても何年も放置してあったわけではありません。
せいぜい夏の始まりぐらいにティッシュは変えたぐらいです。
1、2ヶ月ぐらいの間にアリは巣を作ったようです。
紙が劣化したのはアリの蟻酸のせいでしょうか。
よく分かりません。

アリの巣ティッシュを処分してからアリは姿を消しました。
もうなんかねぇ、アリって無音なんだよね。
蚊や蜂は羽音がしますがアリは気がつくとそこにいる、
いつの間にかいっぱいいる!と言う感じでちょいと怖い虫です。
一匹だけよちよち歩いていると可愛いんだけどねえ。

と言う事でその翌年の夏にはなぜか天井からアリが降りて来て恐怖でした。
天井裏がどうなっているのか見ることも出来ません。
カオスな事になっていたのかしらん。
でもたしかその年ぐらいに引越ししたと思います。

軽量鉄骨って壁にスポンジみたいな断熱材が入っているよね。
そう言えば住み出して10年ぐらい経った頃から
やたらと夏は暑くて冬は寒くなりました。
年齢のせいかしらあ、おほほと思っていましたが、
ティッシュで巣を作るアリなら断熱材なんて…、と
結局人なんて大自然の前ではただの塵同然と改めて
地球上における人類の立ち位置に関して考えさせられました。
考えてみたら地球では圧倒的に昆虫の数が多いんだよね。








タグ:アリ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

おもち屋 Ω

私は以前、シロアリ駆除をメインとする会社にいました。
本社はビル丸ごとのネズミやコウモリ対策などもやってましたが
各営業所は床下の湿気対策やシロアリ駆除をしてました。
なので、種類は違いますが 女性ならゾッとする程のアリの集団とか目にしてました。
しかし、黒アリの知識は無いんですよね~
白アリなら時間を掛ければ蟻酸でコンクリにトンネルを掘る事も出来るくらいです。
水分を一切通さない防護服で夏の床下に潜る時はクラクラするくらい暑かったです(笑
一度、幻覚を見た時に こりゃヤバイ・・・と思いましたがι(´Д`υ)
 
今なら・・・
 (゚Д゚;≡;゚Д゚)? 写輪眼かっ!? と冗談の一つも言えますが♪
 

by おもち屋 Ω (2012-11-15 01:02) 

はぶちゃん

シロアリは一度大発生した所に出くわしたことがあり、
あまりの羽蟻の量に驚いたことがあります。
湿気の多い6月に親戚の家に行くと壁中にびっしりと…と言う状況でした。
よく見ると全部動いてるのね、なーんてことなのおほほほほほ。
築70年ぐらいの古い家だったのです。

シロアリとクロアリは全然種類が違うらしいですね。
シロアリはあの台所の闇の王Gの仲間だと聞きました。
森の中では食物連鎖には絶対に必要な昆虫ですが、
人の中にはいると厄介ものですよね。
by はぶちゃん (2012-11-19 20:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。