So-net無料ブログ作成
検索選択
2012年3月の色々 ブログトップ

ウルトラマン用のカップヌードル [2012年3月の色々]


この前ウルトラマンヌードル(うろ覚え)を店で見ました。

何分で出来るのかなと見たら90秒でした。
うーん、地球でのウルトラマンの規格ね。

90秒なら食べられるけどあと90秒で
まだ熱いラーメンは食べられるのでしょうか。
とりあえずウルトラマンが猫舌でない事を祈ります。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ガンQがもしつぶらな瞳だったら [2012年3月の色々]



ウルトラマンガイアにガンQと言う怪獣が出てきます。
目がモチーフの怪獣で眼球が血走っています。

もしこのガンQがつぶらな瞳だったら?

そんな妄想が最近頭から離れません。
同じ局が頭の中でぐるぐる流れているようなものです。
絵のヘビーローテーションってやつです。

一度書いて見なければいけません。
つぶらな瞳のガンQ。

どんな感じでしょうか。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鳩サブレーは美味い [2012年3月の色々]


20120312hatosable.jpg


とりあえずどの部位も同じ味で美味しかったです。


タグ:鳩サブレー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

超当たった話 [2012年3月の色々]

裁判員に選ばれました。

おととしの11月ごろに裁判員の名簿に載ったよと書類が送られてきました。
それは名簿に載っただけで選ばれなければ裁判所に行く必要はありません。
その時に断る事も出来るのでどうしようかなと思いつつ、
どうせ当たらーせんわ、と放置していました。

その後本人もすっかり忘れていたのですが昨年の年末に裁判所から手紙が。

なんか悪い事したかしらんとどきどきしながら開くと
裁判員の候補になったよ、この日に来てね、抽選するからね~、と
もっときちんと書いてありました。

理由があれば断る事も出来ます。
正直迷いました。
でも断ってもいずれはまた通知は来るよなと行く事にしました。

で、生まれて初めて裁判所に行きました。
裁判所なんて普通はちょくちょく行く所ではないですよね。
でも実際近くに行くと見た事がある建物だなと思ったらそこが目的の地方裁判所でした。
ニュースなどで時々見ているのでなんとなく覚えていたという感じです。

中に入ると案内などきちんとあって全く迷うことなく会場へ。
お茶とか持って行ったのですがそう言うものも全て用意され、
至れり尽くせりでした。

その後裁判員についての説明や守秘義務などの話があり、
面接などあって抽選結果まで待っていました。
四、五十分でしょうか。
その後当たった人の番号が発表されてたのですが、
見た事のある番号が。
え、自分じゃんか。うあ。

はずれるかもと思ったのですがなんだかねえ、当たる気がずーっとしていたのよ。
どかーんとすごく嬉しいものはなかなか当たらないけど
昔からこう言うものはなぜかよく当たるのよ。
調べてみると裁判員になる確率的には5000分の1ぐらいらしいです。
宝くじよりは当たりやすいみたいです。

私が参加した裁判は数日で終わるものでしたが、
期日が短いものは罪が軽いものかなと思ったらそうではありませんでした。
短いのは被告人が罪状を認めているかららしいです。
被告人が事実を認めていなかったり、反論があったりすると長くなるとか。

最初は何も分からず参加しましたが、
裁判官の方々は丁寧に分かりやすく説明してくれたので非常にやりやすかったです。
私のアホみたいな質問もちゃんと聞いてくれました。
裁判官の方々はすごいわ。で、格好いいわあ。きりっとしてるのよ。

で実際に裁判員がどのような仕事をするかはネットやパンフレットなどで書かれていますが、
裁判での様々な証拠などを聞いたり質問し、別所で皆と討議するのです。
裁判での内容は公開されているので守秘義務はありませんが、
奥で皆と話し合う内容については守秘義務があります。
裁判中メモは許されていますがそれも持って帰ってはダメなのです。
当然録音とかは絶対にいけません。
私なりの解釈ではまだ結果の出ていない裁判については裁判所外に
一切漏らしてはダメと言う感じです。そりゃそうだよね。

これは墓場まで持って行く秘密なのよ。ぜーったいに言っちゃだめなのです。
秘密を持つ女ってなんとなくミステリアスでしょ?

といい加減な事を書いていますが裁判中はふざける雰囲気は全くありません。
人の人生の行き先を決める事がどれほど重くて難しいか身に染みて感じました。

自分の一言が何かを決めるかもしれないのです。
重いです。
軽々しい発言はまったく出来ませんし、しようとも思いませんでした。
話をよく聞き、そこからそのときの心情など思い巡らせて、
目の前にいる人がこれからより良き方向に進めるかと言う事しか考えませんでした。
本当に真剣に考えていたのよ。
現実は現実で重く厳しいものです。

最初は行くの面倒くさい嫌だなと思っていましたが関わっていくうちに
犯罪を犯してしまうような魔が差す瞬間は誰にでも起こりうること、
人の人生に関わる事には重い責任がある、
そしてその様な世界に今まで縁がなかったのは
非常にラッキーであると思い知らされました。

そして裁判になると何もかも丸裸にされるのだなとぞっとしました。
自分どころか周りの人にまで大きな迷惑がかかるのです。

裁判員になってみて思ったのはやってみても無駄にはならないという事です。

内容によっては厳しいものもあるかも知れません。
色々な事実を聞かせられ色々なものを見せられます。
事件によってはものすごいものを見てしまう可能性はあります。
それがトラウマになってしまうこともあるかもしれません。
実際その様な事になってしまったら相談できる窓口の紹介もありました。

でも私は裁判員になってこの事件を知ることで
自分の世界が実に狭いものである事を思い知らされました。
また「悪い事をしちゃだめだ」とすごく単純ですがつくづく感じました。
それを考えると犯罪に対する抑止効果と言うものはあると思います。

また今までは裁判官だけで決めていた事に一般人の考えが入るというのは
個人的にはとても良いことだと思います。

裁判員制度はまだ賛否両論あり、今年にも何かしらの改訂があるらしいです。
それからどうなるか分かりません。
私としては死刑判決が出そうな犯罪については一般人には荷が重いと思いますが、
中程度ぐらいの判決が出る可能性があるのなら
裁判員と言う制度も悪くないなと思います。

つらつらと自分の考えなど書きましたがとりあえず1つ。
日給がいただけます。
ボランティアではありません。
で、裁判所の地下一階に食堂がありまして
最終日にそこでお昼をいただきました。

20120305tendon.jpg


天丼です。
値段は650円ぐらいだったかな(汗)
ちょっと前のことだから忘れちゃったわよ。
アナゴ丸々一匹でした。おなかぽんぽんになったわ。
食堂は自由に入れるのでちょいとランチに、でもいいらしいです。

そして最後に。

辞書(本のもの。電子辞書ではない)を持ってけ!
色々と捗るぞ!

でした。










タグ:裁判員
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
2012年3月の色々 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。