So-net無料ブログ作成
検索選択
2012年11月の色々 ブログトップ

今までディズニーランドに行った事がなかったのよ [2012年11月の色々]


20121126di001.jpg


わたくし半世紀近く生きておりますが
今までディズニーランドに行った事がありませんでした。
一度懸賞でチケットが当たった事があったのですが、
子どもの体調が悪くなり行けなくなりました。
それが多分15年ぐらい前です。
それ以来日帰りで遠出はした事はありますが、
いわゆる旅行と言うものは10年ぶりです。

20121126di002.jpg


ディズニーランドと書いていますが、
今ではランドとシーでディズニーリゾートと言うのですね。
それすら行くまではっきり分かりませんでした。

当日は午前9時過ぎに着いたのですが人の多さに驚きました。
車や人がどんどん同じ方向に行くのです。
二泊三日で中日は残念ながら雨でしたが
祝日だったせいかそれでも驚くぐらいの人混みでした。

20121126di005.jpg


一体どこからこんなに人が来るのか、
雨で寒い日でもじっと並んでいるのか。
それはやはり魅力があるからでしょう。

20121126di006.jpg



私が特に印象に残ったのはランドのパレードや
シーのファンタジアのショーでした。
ちょうどクリスマスのシーズンでランドのパレードはクリスマスのものでした。
遠くから音楽が聞こえて来てちらちらとキャストの派手な衣装が見えてくるのは、
大昔名古屋には花バスと言う市バスに飾りつけをして
色々な地域を走るというイベントがありました。

子どもの頃の私はそれが大好きでした。
音楽を流しながら派手な飾りつけをしたバスが来るのです。
そのワクワク感をパレードを待っている時に思い出しました。
そしてこれでもかこれでもかと言うぐらいのキャストの数や
飾り付けられたフロートを見ていると嫌でも興奮してきます。

そしてエレクトリカルパレードは実にきらびやかで色鮮やかです。
闇と言うものは光を実に美しく見せるものなのですね。
寒い中長い時間待っていた甲斐がありました。


そして翌日は雨が降って大変でしたが夕方にはそれも上がり
ファンタズミックを見る事が出来ました。
このような水と光、炎が出てくるショーは私は初めてでした。
映画ファンタジアは見た事があるので
もし魔法が見られたらこんな感じかもと思いました。
竜が出てくるのですがその時は背筋がぞっとしました。

他にもアトラクションがたくさんあり、
朝から晩までしっかり遊べる場所なんだな、
たくさんの人が何度も行くはずだと思いました。


そして夢の国に徹した所もそれが覚めない要因でしょう。
ミッキーの窓の形のモノレールの中にもミッキーのつり革やミッキーカラーの座席。
バスに乗ればミッキーのアナウンスが流れて座席にもミッキーの模様。
窓には濃い目のフィルムが貼られているのは
実際の景色があまり眼に入らないようにしているのでしょうか。

リゾート内の建物も安普請ではなく本格的なものに見えました。
特に私はシーの方の建物が大好きです。
20121126di003.jpg


20121126di004.jpg



ディズニーリゾートはその地域ぐるみで
エンターティメントに徹した街なのでしょう。
これからディズニーを基にしてそれを支えるために
街全体が発展して行く気がします。
日本と言う国の中で徹底的に夢の街、国になってもらうと
どんな感じになるか知りたい気がします。


20121126di007.jpg


と言う事で今度行く機会があれば
天気が良く人が少なめの時に行きたいです。
まあそれは行く人すべての願いでしょう。
おみゃーさんが贅沢言うなって事で、はい。


20121126di008.jpg


20121126di009.jpg




nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニッターズハイ [2012年11月の色々]


20121119kumamon.jpg



正式名称かどうかは不明ですが
最近「ニッターズハイ」と言う言葉を知りました。
いわゆるランナーズハイの編み物版の意味で、
編んでいるうちに恍惚感など感じるというものです。

この私は昔から編み物は好きでよく編んでいました。
でもここ5年ぐらいは色々ありほとんど編んでいませんでしたが、
昨年ぐらいからどがーんと波が来ました。
それからしょっちゅう編み物をするようになり、
そうなると時間を忘れてガシガシ編んでいます。
その状態は先に書いた「ニッターズハイ」ではないかと思いました。
日頃の憂さはすべて忘れて編んでます。
集中するとすっきりするのですね。

ランナーズハイは走る負担で体が苦痛を感じるのを和らげるために
脳内麻薬が出ると言う状態なので、
ここに書いたニッターズハイとは違う気もしますが、
編み物は単純作業で走るのも延々と続ける事なので、
行動に関しては共通点がある気がします。

しかし、編み物んだものに関して問題が。
マフラーばかり編んでもそんなに使わないっちゅうの。
夏から秋にかけて3本編んだわ。他にも諸々。
そして百円均一の糸も意外と侮れないのよね~。
そして百円と言う価格も悪魔の価格だわ。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ありえない話 [2012年11月の色々]

20121112akizora.jpg




また昔話です。
今回は虫なので閲覧注意。アリの話です。

昔2階建ての軽量鉄骨のコーポに住んでいました。
虫害はそこそこありましたが2階なのでアリはないだろうと思っていました。

しかし、ある猛暑の夏に部屋にアリが…。

たまたま入り込んだのだろうかと思いつつ紙に乗せて外に出しました。
虫と言えど無駄な殺生はしたくありません。
そしてまたしばらくするとアリがいます。
これはどこかから来ていると調べると外壁の穴からアリが出て来ていました。

うわー、建物の内壁を通って2階まで来たんだとぞっとしました。
すぐに壁の穴から殺虫剤を注入しふさぎました。

そしてその翌年ぐらいから毎年アリが出てくるようになってしまいました。
アリは退治は出来ますがやっぱり気持は良くありません。
ありの巣コロリのような物も試しましたが全然ダメです。

でも秋になると消えるので仕方ないかなと思っていたある夏に
どうやってもアリが湧くのです。
おかしいとたどってみるとあまり触らないカバーをかけたティッシュ箱の下からアリが出て来ました。
それは壁際に置いてありあまり動かしません。
その奥に穴があるのかと動かすと何も怪しいものはありません。

と言っているそばから箱の下からアリが出て来ました。
おい、ちょっと待て、これは箱の中から出てきたのか?
おい、おいおいおいおい…。

結論から書けばアリは箱の中に巣を作っていました。
中を見るとティッシュが所々劣化してぱらぱらになっていて
小規模な巣があったようで卵もありました。
なんてこったい。

あまり触らないティッシュと言っても何年も放置してあったわけではありません。
せいぜい夏の始まりぐらいにティッシュは変えたぐらいです。
1、2ヶ月ぐらいの間にアリは巣を作ったようです。
紙が劣化したのはアリの蟻酸のせいでしょうか。
よく分かりません。

アリの巣ティッシュを処分してからアリは姿を消しました。
もうなんかねぇ、アリって無音なんだよね。
蚊や蜂は羽音がしますがアリは気がつくとそこにいる、
いつの間にかいっぱいいる!と言う感じでちょいと怖い虫です。
一匹だけよちよち歩いていると可愛いんだけどねえ。

と言う事でその翌年の夏にはなぜか天井からアリが降りて来て恐怖でした。
天井裏がどうなっているのか見ることも出来ません。
カオスな事になっていたのかしらん。
でもたしかその年ぐらいに引越ししたと思います。

軽量鉄骨って壁にスポンジみたいな断熱材が入っているよね。
そう言えば住み出して10年ぐらい経った頃から
やたらと夏は暑くて冬は寒くなりました。
年齢のせいかしらあ、おほほと思っていましたが、
ティッシュで巣を作るアリなら断熱材なんて…、と
結局人なんて大自然の前ではただの塵同然と改めて
地球上における人類の立ち位置に関して考えさせられました。
考えてみたら地球では圧倒的に昆虫の数が多いんだよね。








タグ:アリ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

迷惑な人の話 [2012年11月の色々]

20121105uragirinomachi.jpg


もう20年以上前の話です。
最近怖かったり迷惑な人関係の話が多いのですがなんだか思い出すのよね。どうしてだろう。

で、当時ご近所に住んでいたXさん(仮名)。

挨拶ぐらいは交わす間柄でしたがXさんが出産されてしばらくした頃
一緒に買い物に行こうと誘われました。
いいよ、と返事をすると車を出してと言われました。

その頃まだ私は結婚したばかりで子どもおらず結婚前に買った車がありました。
まあいいかと子どもを抱いたXさんと買い物に行くと
(その頃はチャイルドシート装備義務の法律はありませんでした)
まだ3ヶ月ぐらいの赤ちゃんをぽんと渡されてえ?ちょ、ちょっと待ってという間もなく
頼むわね、と彼女は行ってしまいました。

そして一時間ぐらい経ってXさんは戻って来ました。
その頃は携帯もないし連絡も取れず私はその間ずっと車で待っていました。
赤ちゃんは起きなかったのが幸いでした。

そんな事があったのでその後はかなり気をつけていたのですが、
子どもがいるとどうしても買い物に行けないからと泣きつかれて
しぶしぶ出かける羽目に。

その時は赤ん坊を渡されてはかなわんと彼女について行きました。
すると彼女はどんどん買い物をするのです。
何万円もするミシンを見てこれ欲しいとカードで買うのです。
子供服もどんどん買い食品も三人家族なのに山のように買うのです。
自分の心の中に響く警戒音。
ナンカヘンダゾ ヤバーイヤバーイヤバーイヤバーイ……

それからなるべく会わない様に逃げていましたがある時起きてしまいました。
事件が。

その頃私は主人が勤める会社に毎日でなく呼ばれた時だけパートで働いていました。
ある時仕事をしていると○○君の奥さんいる?と呼ばれました。
私の事です。
返事をすると今この私から会社に電話がかかっているらしいのです。

その日は朝から会社にいました。
当然私が電話をするはずがありません。
それを会社の方が電話口で相手に伝えると
「○○さんの近所のXです」
と言ったそうです。

要約すると
・主人の会社でXさんが大量に物を購入
・そのすぐ後にXさんが会社にキャンセルの電話をするが
 私の名前でキャンセルを入れる
・Xさんは私の名前を使えばスムーズに行くと思ったらしい
・しかし、私は会社にいた。
・オーノー!なんてこったい、ばれた

と言うことです。

後から会社の方から聞いたのですが
Xさんは以前にも主人の会社でかなりの額の商品を予約して
すぐにキャンセルをどんどん入れて結局ひとつぐらいしか買わなかった、
その売り場ではあの人と言えば通じるかなりの有名人だったのでした。

主人がXさんを知らなかったのは売り場と全然関係ない部署所属で、
以前のキャンセル騒ぎの時からXさんは引越しをしていたからでした。
何かの時に私が主人の職場についてXさんに話をした事はありました。
Xさんはそれを覚えていたのでしょう。

話をした後にXさんから今日これが欲しいから持って来てくれと言われた事が数回ありました。
その時はちゃんとお金は払ってくれたので油断があったのでしょう。
結局は実害は無かったのでXさんとのお付き合いはそれきりですが、
結婚してすぐにこんな強烈な方がいた事は今まですっかり忘れていました。

私も若かったので断りきれず引っ掻き回されたんだろうなと思います。
でも今なら対処出来るかと言われると歳とったからって大した経験もしてないし
頭弱いからなあ、だめかもと自信は全然ありません。

しかし、迷惑な人はどこにもいますが
この自分自身も一歩間違えれば迷惑な事をどこかで起こしているかもしれません。
いえ、たまたま何も言われなかっただけで多分やらかしているはず。
気を引き締めて生きていかねばと改めて思ったのですが……


多分すぐ忘れるね。








タグ:迷惑な人
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
2012年11月の色々 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。